相変わらのぐずぐずな天気、小雨だから歩けないこともないのが救いか。バスのチケットを買いに行ったついでにでかいショッピングセンターで昼食を済ませる。中南米の中華は相変わらず不味くもないが美味くもない。

夜行バスの時間まで暇だがホステルにいてもやることがないので日系ブラジル人の女の子と近くのどでかいカテドラルへ。このカテドラル、コロンビアで一番高く世界でも5本の指に入る高さだそうだ。

一番上まで上がるにはガイドツアーに参加する必要があったのでチケットを購入、ガイドに連れられて螺旋階段をひたすら上がっていく。こりゃいい運動だ、今夜のバスの安眠は約束されたな。

てっぺんからの眺めは流石の一言。晴れてりゃさらに遠くまで見渡せたのだろうが霧がかっているので正直そこそこといったところ。カテドラルの屋根部分にガーディアンのように佇む聖人の像たちが印象的だった。

ツアーが終わって併設されたカフェでティントと呼ばれる濃いめのローカルコーヒーを飲む。たっぷり入れた砂糖とカフェインががつんと効いた。さて、ボゴタに戻ろうか。

 

James Blake – The Wilhelm Scream