どちらかと言えば自分は古いタイプの旅行者であったと思う。そしてそれはたぶんもう変わらないだろう。だからただ時代遅れなだけかもしれない、ついていけないだけなのかもしれない。 Continue Reading