月: 2015年6月1 / 6 ページ

DAY 132 On a bright day.

階段を駆け上がってホームに飛び出した自分の目の前をオシフ…

DAY 131 To the north.

夜行バスの乗り心地は悪くなかった。インドやエチオピアで乗…

DAY 130 the distance to the music

「音楽に寄っていく」という言葉が聞こえた瞬間にはっとさせ…

DAY 129 Idyllic Kincsem Park

明日の夜に出発するクラクフ行きのバスチケットを買ってしま…

DAY 128 I wanna be a jellyfish with metal skin.

フロアはそれなりに混んでいるものの超満員というほどではな…